~けっこう毛だらけ 自我観念だらけ~                             ある日 「観念浄化ワーク」 という魔法の杖に出会いました。 自作自演の世界から脱出して 自由なわたしになるために 魔法の杖 お試し日記。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 占い
2009年06月22日 (月) | 編集 |
昨年4月から 正式に「テイクオフコース」を申し込んで 早2年目。

昨年が ”わたしにとっての最悪期” と呼べるなら 環境は別に変わっていないが

ストレスはだいぶ減ったと言っていい。

自分の体調不良の原因は 仕事のせいだと思ってたので、当時は仕事を”恨んで”いた。

そりゃもぉ~ 下からガンeyesつけるように恨んでた。

あれから1年。今は そーゆー気持ちもなく 日常の一部として出勤してるし、

体調不良の原因は わたしにストレスを与える人たちのせいだと

大嫌いな人たちに 毒オーラを吹き矢で矢ブシュ⇒飛ばしてたのも さっぱりんキラキラ

まぁ、大嫌いな人を自分に当てはめながら 浄化ワークしたら

その人が 出社拒否して来なくなったのだ。 

本人の問題でもあるし、わたしが原因でもあるが 浄化ワークしたら

嫌いな人が嫌いでなくなった・・・とか、移動になったとか、辞めた・・・ということは

よくあることと聞いてたので これも効いたのかもしれない。

嫌いな人っていったって、合わせ鏡、自分のそっくりさんなんですけどね。

それを教えてくれるために わざわざお出ましくださったというだけのことで。




もひとつ、「そういえば・・・」と気づいたのは、「占い」 というものに全く興味がなくなった。

以前は、「占い」に強く影響されるということは なかったように思うけど、

一応は毎朝の 「占いカウントダウン」は見て、新聞の「占い」も読んで、

ネットのジョナサン・ケイナーの「週間占い」をチェックして、県内占い師の「今日の運勢」を

見ていた ←十分気にしとるやないかい!

いやいや、見たからって 「ラッキーフードのクリームパスタを食べよう」とは思わないってことですよ。

あ、ラッキーカラーが”赤”だったら 赤のパンツにしたりはしましたが。

あと、「風水」 とかね。「オーラの泉」とか。

占いではないけど オーラソーマ、 バッチフラワー、 パワーストーン。

いろんなものに頼りたかったの。

沖縄独特なものでいえば 「ユタ」とかね。

ホントにこれには・・・いろいろやったよ・・・・。




それがね、今はTVも新聞も雑誌もネットも 全くといっていいほど見なくなった。「占い」。

オーラソーマも バッチフラワーも パワーストーンも あることはあるけど。

そうだな 使いたくなるのは決まって 不安定な時だ。 ユラユラ揺れてる時。

他に方法があるんじゃないかと 焦る時。




お化けとか(今まで1度も見たことはない)、天罰とか 先祖事の不足とか 

そういうものに関しても なんだろう 過敏にならなくなってきたようだ。

「科学的でない」 とか 「とにかく信じない」という否定的なものではなくて

あると思う人には在る。 ないと思う人には無い
そんな感じ。

岡野玲子のマンガ 『陰陽師』 に阿倍清明 がこんなことを言っている。

「この世は目に見えない幾層もの層が重なって出来ているようなものだ」

「それぞれ属する層というものが決まっている」

清明は 鬼や妖怪などの対策をしていたので ↑は人間界と鬼達の層を言っているのだが

わたしは これはひとりひとりの”世界” も似ているのではないかなと思っているのだ。

「占いを信じ、 霊を信じ、世界は○○だ、人は○○な存在だ」 と思っている人の薄紙の層

「占いも霊もUFOもあるわけない。 世界は○○だ。 人は○○な存在だ」と思っている人の薄紙の層

人の数だけ そんな薄紙の層が幾重にも重なって 「今」 にいる。

同じ部分 で重なる層の人たちには ”共通の概念”があるわけだから それが「真実」。

信じる人の 「現実、真実」。

信じない人の 「現実、真実」。

どっちもあるんだろうってこと。


だから 「占い」 も信じる人の 「当たった!」

信じない人の 「ほら、当たらない」

どっちも 「あたり」 なんでしょう。

そう 思うようになって 「占い」 は見なくなった。



別に悟ったわけではないし、 迷いがでると やっぱり見てしまうこともある。

今のわたしが 思うのは そんな感じだ。

それだけ。








“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




100%完全信用していないわたしでも効果あるかなと思ってる観念浄化ワークです。
「本当かよ~」と思いつつ興味がわいたらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking





 

スポンサーサイト

 似てない妹
2009年04月25日 (土) | 編集 |
今、浄化しているのは 「妹」 。

年は近い方なのだが、仲がいいとは言いがたい。

一緒に住んではいるが 話をしない。

何か伝言などがある場合くらいだ。

趣味。価値観。行動。性格。好み。全部違う(←と思っているけど、違和感あるってことはきっとそっくりさんだからだろう)

近い他人より遠い。

そのことで 姉であるわたしは昔から親に何度も叱られた。

なので 「長女(姉)」 という観念も盛りだくさんあるはずなんだけど 今回は

ネコのモモの死をきっかけに 「妹」 についてボコボコ湧き上がってきたものを

浄化してみることにした。




モモの死がきっかけというのは モモの最後にかかった治療費とペット葬儀にかかった費用を

まったく払わなかったからだ。

病院に連れて行ってくれたのは彼女で、仕事も休んだり、葬儀屋さんに引き取られるまで

泣いて引きずっていたのだが (わたしはその前に気持ちがクリアになっていたので

見た目はかなりあっさりしていた。このときのことについては コチラ )

さて、葬儀代や後で払うことになっていた動物病院の治療代となったとき

とりあえず わたしと母がお金を出したのだが、その後妹に払う気配がない。

知らんぱーぽかーんである。

ここから わたしの自我がわめき出しだ。



・人一倍悲しんだくせに金は払わねーのかよ怒
・妹はケチだ

に始まると

日ごろの不満がゴロゴロ。

・自分の洗濯物しか洗わない&干さないTシャツ
・自分の部屋のゴミしか捨てないjumee☆trashday1p
・自分の部屋しか掃除しないほうき
・自分の食器しか洗わないキラキラ(水色)
・自分だけが使うものしか買わない給料日♪

「自分勝手だ」 「自己チューだ」 「態度が悪い」

そうして

・自分勝手にやってても親に文句を言われない妹が許せない
・自分勝手にやってても親にちょっとしたことで親に褒められる妹が許せない
・自分勝手にやってても親にそういう性格を認められている妹が許せない

などというのも出てきた。

妬ましかったんだね。

たぶん 「長女」 というものに対する観念もここに通じるだろうし、

「両親」 の観念にも通じるだろう。

そうして 「親に気を使わない妹」 に対しても腹立っているわけですよ。

わたしは 「常に気を使い続けてきたから」

親にしてみれば 「あんたのどこが気を使ってるわけ?!」 と思われてますけど。
(わたしの ”気使い” とは相手を心地よくさせるタイプのものではなく 相手の気分を読もうとする気使いのこと)

今回リストアップできたのは だいたい100個。

まだ少ないと思う。

ファーストステップは 安達さんのハートロケット式で飛ばしますだっしゅびゅーーん

腕が疲れますが。

(観念を剥がして 思い込みをクリアにしていく観念浄化の”ハートロケット方式”と”津留晃一方式”については 右の 『観念浄化ってなに?』 を参照してネ)

どうかな?

そんなに変わったようにもまだ思えないけど。

あ、でも今日珍しくリビングのカーペットを掃除機かけてたな。

相手の変化というよりは わたしのイライラが少し納まりました。

なくなるまで 引っかかるものを浄化しないと 残るものは消えたりしないのよね。

身内は 付き合いが長いだけに多いデス。。。。ハアー

内観の続きと 津留式でのセカンドステップをしないとな。












“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




100%完全信用していないわたしでも効果あるかなと思ってる観念浄化ワークです。
「本当かよ~」と思いつつ興味がわいたらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking





 


 久しぶりだぁ~
2009年04月21日 (火) | 編集 |
すごい・・・前回から1ヶ月も空いてしまいましたね。

先週は2週間、風邪をひいておりました。熱はなく、食欲もあるけど、セキが止まらない。

もぉ~横隔膜ピクピク。 肋骨が疲労骨折しないか?!ぐらいのキツさでした鼻水

病院にも行かずに終息しましたけども。


観念浄化もなんだかんだでサボってました。

1年前、いや半年前と比べても わたしの感覚というか感情は結構ラクになっている気がします。

あれほどイヤでたまらなかった仕事に行くこと。

体調が最悪で、義務や責任や他者への対応がうとましくてしょーがなかった。

原因もわからず、いろんな方法を試しても改善されず、すべてが自分に悪影響を及ぼしているような気がしていたがっかり

1日、1週間、1ヶ月が長くて、こんなキツイだけの日々なんて とっとと過ぎてしまえ!アップロードファイル

さっさと歳とって人生もサーッと過ぎ去ってしまえばいい絵文字名を入力してください

などと思ってたわけです。




それが今は 仕事に行くことに 怒りや 不安や 過重な責任や義務を感じないので

時間が来たので出かける・・・という風になっていて、

午前中は 「お昼までボチボチと」 午後は「ひとまず4時までボチボチと」 を

目指すとそんなに負担にならなくなってきてます。



あ、そうそう。

体調の方は以前、「ちょびっとマクロビやってます」と書いたけど、方向転換。

今は 「ちょびっとローフード」 をやってます。

わたしにはこっちの方がストレスも溜まらないし、合ってる気もする。

これについては またいづれ。

定期的な鍼も効いてるのかな?



精神的にまぁまぁラクなので、帰宅後はネットやったり、週末はCG描いたり。

自分の楽しいことを優先させてしまう。

つい浄化ワークを 「あ~と~で~にんまりw」 にしてしまい、だいぶ期間があいてしまった…。

苦しい時は そこから脱出したい一心で必死にやるけどね。

1年前の状況から 軽くなったことで 浄化ワークのモチベーションをしっかり保っていくのも

これまた課題だな。




しかし、よくできたもので(?)、やってないってことは 浄化してない観念はちゃっかり引っかかるわけです。

今、網にかかったのは 「妹」

それも ネコのモモが天国行った時に内心で勃発しました。

それから ことあるごとに グオォォォ~と文句ボカスカ渦を巻く。

「来たな、浄化タイミング」

と昨日からやっとります。

こうやって反応するのは 合わせ鏡 だからなのですが、それでもどーにも止まらない♪

うだだ~うだだ~うだうだよ~jumee☆DaNcE1jumee☆DaNcE2 
 
四六時中 ブーブー言ってるより 浄化した方が健全ですからね。

さて、どうなりますか。。。










“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




100%完全信用していないわたしでも効果あるかなと思ってる観念浄化ワークです。
「本当かよ~」と思いつつ興味がわいたらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking





 


 ちょうど波のように さよならがきました
2009年03月20日 (金) | 編集 |
歳も毛色も家にやってきた経路も違うネコ4匹。

その中の1匹。名前はモモ。16~17歳くらいのおばあちゃんネコ黒猫:右向き

3月18日、天国に旅立った。



・3月10日(火) 
 前日にあげた猫缶をに吐いてから食べ物を受けなくなった。

 食べたものを吐くのは前からあったことなので いつものことだと思ってたら
 1日中ダンボールの猫箱に入ってじっとしている。
 鰹の削り節すら口に入れようとしない。

 水も飲んでないような感じで(外飼いなので)動くのもしんどそうだった。

・3月11日(水) 
 職場から昼休みに家に戻ったら、倒れこむようにして庭にいた。
 目も半分しか開いてない。首も持ち上げられないようだった。

 「もうダメかもしれない」と思った。

 家には誰もいなくて、わたしは獣医に診せた方がいいのか迷った。

 高齢なので もし寿命でどうにもならないのなら 病院の知らない人に囲まれて
 冷たい場所で息を引き取ることが本当にいいのか と思ったからだ。

 わたしは ひとりで外出できないから そうやって言い訳にして逃げてやしないかとも
 自問自答した。

 結局その日は 連れていかなかった。

・3月12(木)、13日(金)
 家の中で様子をみるが 口にもっていった水も嫌がる。

 金曜日に家にいる母に病院に連れて行ってと頼んだら

 「寿命なんだから 病院にいってもしょうがないよ」

 とあっさり却下。

 母は4匹いるネコのうち モモではない他の1匹だけを猫かわいがりしているが
 他のものには冷めている。
 父が病気療養後 亡くなるときも 取り乱したりしなかった。
 なんというか・・・感情を(特にマイナスなもの、ネガティブとされる事柄)
 ポジティブに切り替える、割り切ることを良しとしていて(←わたしの自我を引っかくのよね~)、
 この点でも 今回 ”観念” を知ることができたのだけど これはまた 改めて書いてみる。

・3月14日(土) 
 妹が見かねて 病院に連れて行った。
 慢性と急性の腎不全とのこと。
 高齢のネコの”宿命病”ともいえるものらしい。
 その日は点滴させながら 入院した。

・3月15日(日) 
 夕方 病院にTELして様子を聞くと 症状は末期で容態も悪く
 呼びかけても反応がないそうだ。
 「明日までもつかわからない」 と言われ連れて帰ってきた。

 でも、家に帰ってきたとたん 「まぅ~」 と何回か鳴いた。
目は大きく開いていて あまりまばたきしないけど 呼びかけにたまに黒目が動く。

 「反応してんじゃん感涙

 なんだかうれしくなってしまった。
 やっぱり家がいいんだなって。

・3月16日(月) 
 先生が 「明日までもたないかも」 と言うから 朝起きるのが怖かった。
 でも、生きてたv

 先週まで 沖縄も肌寒くて天気も曇りで暗かったけど、この日からいい天気になってきた。
 モモは 庭や庭を覆うひさしの上で寝るのが好きだったから

 「おっし! 散歩しよう! 日向ぼっこしよう!太陽2

 と 外に連れてった。
 よくいた庭に降ろしたら 「うに~」 と3回くらい鳴いた。
 わかるんだろな。

 朝日のあたる場所に置いたら それまで ”ただ目が開いている”ってカンジだったのに
 目を閉じていてよだれ 気持ちよさそうに見えた。
 この日も半日 点滴を受けた。

 昼休み、仕事帰り、家に帰るまで 「もう生きてないんじゃないか」と心配になった。
 でも 生きていた。

 (日)の夜には 「明日までもつか」 と言われてたのに…

 病院に行くまで わたしは幾度となく 泣いた。
 寿命とはいえ 悲しかったし、寂しかったし。
 ふと 佐野元春の 『グッドバイからはじめよう』 という曲を思い出しては涙した。
 でも、(月)以降、わたしは ほとんど泣かなくなった。

 だって、それ以上にモモが生きていることが スゴイ!エライ!尊敬! 
 何を未練に思えばいんだろうというくらい。
 もう水も飲めなくて 口の中が荒れて口臭がしてたけど その匂いすら いとしいと思った。

・3月17日(火) 
 昨日から夜寝る前に  「明日も晴れるよ!散歩に行こうな」 と語りかけていた。
 そうしたら モモも 「いきたい」 と思う気がしてた。

 翌朝、息をしてた。
 窓を開けたら どこにそんな意思が残ってるんだろうと不思議なほど フラフラになりながらも立ち上がろうとする。
 おしっこに行きたいんだ。
 寝ている場所には専用シートを引いてあるが、モモはそこにはしなかった。
 庭先の土のところに連れていくと やるんだ。自分の体も支えられないのに。
 わたしが補助しながらだけど ちゃんと。
 やっぱり スゴイなくすん
 
 お昼には久々の快晴晴れ。暑いくらい。
 おもいきり太陽に当てたげようと 庭に連れて行く。
 しっぽもちょっと動いた。

 呼吸が速くて 最後が近いのかと思い、職場に連絡して昼休みを1時間延長させてもらった。
 ずっと側で座ってると 腰が痛くなったので 10分ほど ソファに横になる。 
 風がさらっと通り抜けて 外はすがすがしくて 鳥の声もよく聞こえた。

 「あぁ、こんな日にお日様に当たりながら 死ぬのっていいなぁ」 って思った。
 こんな瞬間なのに しあわせだなって思ってた。

 事務所に戻らなきゃいけなくなって モモを室内の窓際の日当たりのいい場所に移動させ、
 顔を向けている窓の外から 

 「モモ~行ってくるよ~太陽が沈む前には戻ってくるからね~」
 と手を振ったバイバイ

 「むぃ~ん」

 「???」
 
 初めは同じく外で飼っているネコが鳴いたと思って 辺りを探したが
 鳴いたのは中にいるモモだった。

 「モモ?」

 「むぃ~ん」

  「モモ?」

 「むぃ~ん」

 苦しそうというのではなく ”話す”ような鳴き声だった。

 「ありがとね」

 わたしにはもう十分だった。
 手を振って 泣かずに仕事に戻った。心の中は笑顔だった。



・3月18日(火)

 今朝も庭に少しの時間出したげた。見えてるのかよくわからないけれど、感じてたらいいなと思って。
 「お昼には戻ってくるからね」 そう言って出かけた。

 12時、家に帰るとそこには 息をしていないモモがいた。

 母は隣の家に生協を取りに行っていて、戻ってきてモモの死を知った

 行く前に様子を見たときは 息してて 母が家を空けたのと 私が帰ってくるこの間 
 5分もかかってないそうだ。

 ・・・誰も側にいないときに逝ったんだ。
 
 看取られることがシアワセだと人間は思いがちだけど モモはそれを望まなかったんじゃないかと思う。

 息を引き取る少し前にも立ち上がろうとして コテッと倒れたそうだ。

 「ネコは死に際を見られないようにするって聞いたことあるからねぇ」

 と母が言った。

 涙は出なかった。

 わたしの中の思い出や面影をふと いつもいた場所に見つけたときには泣いてしまうかもしれないけど、モモを見てたら わたしの個人的な感傷の涙なんか及ばない気がしたのだ。

 ネコは子供の頃から飼っているが、全部オスネコ。しかも手術しないので いつのまにかいなくなってしまう。
 子猫の時に病気で死なせたり、野犬に襲われて死なせたことはあったが、
 こんなに長いこと一緒に過ごしたネコは初めてだった。

 ネコを飼ったことのある友人に知らせると、彼女のところでは骨肉腫になったり、
 事故やケガしたりと飼い主にとってはツライ場面をみることが多かったと言っていた。

 モモは飼い主孝行のいいネコだった。
 そして わたしに ”死” は必ずしも忌み嫌い、目をそむけるものでもないと教えてくれた。
 昔、わたしの知識不足で子猫を病気で死なせたことがあり、
 看取ったときは わたしにとっては ものすごいショックなことだったから
 今回も ”怖れ” があったのだ。

 ネコ好きの人がこれを読んで、わたしの対応に共感できない人がいたとしても
 わたしには モモがいた時間とその始まりと終わり について
 一切の未練も後悔もないのが事実だ。

 ほんとうに幸せな さよならだった。

 わたし自身も そうありたい。

 ね、モモ。




『グッドバイからはじめよう』  佐野元春











“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




100%完全信用していないわたしでも効果あるかなと思ってる観念浄化ワークです。
「本当かよ~」と思いつつ興味がわいたらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking





 


 崩壊?!ちょびっとマクロビ白砂糖抜き作戦
2009年02月23日 (月) | 編集 |
昨年12月よりちょいちょい始めていた (できるだけ)マクロビオティック砂糖抜き作戦。

週末には マクロビ系お菓子作りの本から作ってみたりして。

(土)には豆腐クリームのティラミス~♪ 

cake222.jpg



スポンジに染み込ませるコーヒーもカフェインレスの穀物コーヒーを使用。

作ったばかりの時は豆腐かじゃ~(匂い)が多少しますが、翌日にはしっとり

匂いもなくそれなりにうまい。



でも、もどきはもどき止りなのか。。。。じ~~




食べても食べても満足しないのです。

ホンモノティラミスならこれほどの量は食べなくても満足するのに。

お腹は重くなるけど 舌が甘さを要求する。

(日)の夕方、この日はだいぶ遅れてしまったバラの鉢植えの土の入れ替え作業等したから

いつもより疲れて その分お腹もすいた。



「あ”~も~疲れたぁ~甘いもん食うぞぉぉぉ~~」


というわけで

6時・・・・・豆腐ティラミス1切れ、コアラのマーチ、お正月の鏡餅の中身(切り餅1コ)

8時・・・・・豆乳ブロッコリースパゲティー、カメ亀さんの形のビスケット?、ミニクロワッサン2個

クロワッサンなんてホントは食べなくても満腹なのです。

でも、2個しかなかった。 2個しかないならあるだけ食べてしまいたい。

1個だけ食べて残りはそっとしておく・・・できんかった・・・がっかり


先週の夕方、白砂糖抜き作戦の堤防が決壊してからというもの

つくづく思ったのは


チョコってうめ~~~~

粉物ってうめ~~~~



生協の全粒粉ゴマビスケットがたまらなくおいしかったんだよねぇ~。


その後は も~何がどうなったやらで ホームベーカリーがあったらいいなぁ~~~にんまりw

とまで思う始末。 

米粉のパンが焼ける機種を調べたり…。




なのに それでも マクロビ系のお菓子は作る予定なのだ。

う”~ん、なんでだろ。

もう、それが砂糖抜きの代替スイーツというより 単なる ”お菓子作り” が今 熱中している趣味みたいなもんになっている。

「(土) に作れば (日) には 母が祖母の家に毎週行くので おすそ分けしてあげられる」

とか

「カロリーを気にする母に喜んでもらえる」

とか

「量があるので たくさん食べられる」

とか・・・そんなカンジだろか。(↑これも浄化対象だろな)

新しい趣味に熱中しているようなもんだ。

おととしは 急にガーデニングに目覚めて バラを育て始めた。

♪ドレミファソラシド ド~はド素人のド~♪からスタートして チビの苗を雨・風・台風から守り

本を何冊も購入して ハマっていた。

それが落ち着いたんで 「ハイ、次の方~」 でお菓子つくり みたいな。

今もバラは育ててるけど ベクトルの上昇角度が落ち着いたという意味ね。

自分の中の赤丸急上昇ってワクワクするさぁ~ね。






あれれ わたしの「食」 観念はどうなったんだろう??

確かに リストまだ残っているけど。

残っているから こーなるのか?



先々週、18時間でギブアップした断食。

今日のいいともで テレフォンゲストのエグザイルのATSUSHIまでもが

断食の話をしていた。

タモさんと 「食べるから食欲がでてくる」 だとか 「そんなに食べなくても十分なんだ」 とか

「食べずにいると五感がするどくなる」 とか

なぜ、このタイミングでぇ~~~????絵文字名を入力してください

と思った。

いいともなんて 毎日見てるわけじゃないのに。

別にエグザイルのFANでもないのに。




絶妙タイミングざんすなぁ。




さて、わたしはどこに進むのやら。




追記 : そうそう。いつもカラダが重たいわたしですが、昨日は結構な時間 
      バラの植え替え作業ができて 自分でもびつくり。
      「こんなにやったら明日がコワイなぁ」 と思ってたけど 
      予想よりはヒドくならなかった。  
      一応 鍼に行きましたけどね。










“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




100%完全信用していないわたしでも効果あるかなと思ってる観念浄化ワークです。
「本当かよ~」と思いつつ興味がわいたらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking





 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。