~けっこう毛だらけ 自我観念だらけ~                             ある日 「観念浄化ワーク」 という魔法の杖に出会いました。 自作自演の世界から脱出して 自由なわたしになるために 魔法の杖 お試し日記。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 行きたかったはずのB’zのライブは・・・
2008年09月22日 (月) | 編集 |
わたしがテイクオフコースに参加した理由のひとつが

「8月のB’zのライブに行きたい!」

でした。

結局、行かなかったわけですが、これにも自分の観念が大きく関わってたんですね。

この前の日記でB’zのことに触れたので、その流れをちょっと書いてみます。



《 7月26日 》

前回のライブはは2年前。
友人のおかげで なんとか行って最後まで観る事ができました。

わたしは10数年来のパニック障害で ひとりで外出ができずにいます。
1年半前からは 誰かが一緒でも外出が不安で 病院や鍼・マッサージなど
仕事以外では カラダに関することでしか出かけません。

疲れが取れず、背中に痛みがあったり、立ちくらみがしたり、
体調面の不調がさらに外出を遠ざけています。
(病院での検査で原因は特定できていません。自律神経かな)

なので外に出て何かをしたいと願うことは ほとんどない中で
このライブだけは 唯一 「行きたい」 と自分から求めるものなので
叶えたかった。

12月にチケットの予約があり、8ヶ月でどうにかしたい。
そのひとつがテイクオフコースでした。

B'zのライブには 大勢の人が集まります。
行くまでの道のり。
待ってる間の時間。
あのざわざわした 人いきれ。
大音量。
今のわたしには苦手なものばかりkao06
加えて 体調面での不安。

だけど 今年はデビュー20周年の記念ライブ。
各地のツアーとしては 最終日の沖縄。

行っときたい。



《 8月6日 》

8月直前になってよい整体師に出会うことができ、不調な原因を教えてもらい、
施術と自分でやるストレッチや生活の注意点を実行しましたが、
ライブに間に合うようにはならないかも。

メンタル面では (日)にakiさんの個人セッションを受けました。
そこで浮かんできたことのひとつがコレ。


「わたしは 本当にこころからB’zのライブに行きたいか?」


車や外出、人混み、気分が悪くなることの不安、
コンサートに行くことについてのおおまかな観念は浄化済でしたが、その後に↑↑の根本的なことが出てきたんです。

セッション後、ノートにこの1行を書き、浮かんでくる観念をあぶりだしてみた。


☆ ・沖縄でのライブは毎回行っているから今回も行きたい
  ・2年ぶりだから行きたい
  ・一応ファンだから、行きたい

☆ ・前回、一緒に行った友人がとても楽しんでくれたから今回も行きたい
☆ ・前回、友人と「次も行こうね」と言ったから今回も行きたい

☆ ・デビュー20周年記念だから行かないともったいない
☆ ・自分が本土に行くことを考えれば、B'zが来てくれるんだから行かなきゃもったいない
  ・けっこういい席だから行かなきゃもったいない
☆ ・チケット買ったんだから行かなきゃもったいない
  ・ライブ行くためにファンクラブ入ったんだから行かなきゃ意味がない

☆☆・行けばきっと楽しめるはずだ
☆☆・体調さえ良ければ迷わず行っているはずだ
☆☆・外出不安さえなければ迷わず行っているはずだ

  ・ライブに行けない自分に勝ちたい
☆ ・   〃    自分に負けたくない
☆ ・ライブに行くことをあきらめて自己嫌悪になりたくない
☆ ・       〃      挫折感を味わいたくない
☆ ・       〃      敗北感を味わいたくない

☆☆・ライブに行ける自分になりたい
☆ ・    〃    になって自信を持ちたい
☆☆・    〃    であることを実際に行って証明したい


☆ ・ライブに行かない自分になりたくない
☆☆・     〃     なるのがさみしい
  ・ライブに行かない自分になるのが許せない

  ・行かないで後悔するより行った方がいい
  ・    〃    のは悪い
☆ ・行ってやっぱりダメだったと後悔するより初めから行かない方がいい
☆ ・行って後悔するのは悪い

☆ ・行かないと損
☆ ・行った方が得

☆ ・早く決断しなければならない
☆ ・行かないのなら誰かに譲らなければならない


などなど・・・。
☆印は特に思いが強いかも。

これだけ「行く・行かない」と毎日迷っている割に 予習のためのCDを全く聴いていない。
というか、今年になって突然変異でV6が好きになってしまい(^^ゞ 彼らのDVDとかは見ているのです。

最近のB'zの曲よりは前の曲の方が好きってこともあるけれども、
これはどーゆーことだろう…?

「好きだから行くのか?」
「過去の自分が行っていたから行くのか?」


ここの壁にくると
☆☆印のところにもあるような

「今の自分の状態でなければ行っているはずだ」

という思いが 堂々巡りに戻る道しるべになってしまって決断できない。

でも、なんとなく気持ちの比重は一方に傾きつつあるような感じがするなぁ。。。

ただ、結論が「行かない」になったとしても、それは「行きたい」の断念ではなく
挫折からの諦めでもなく、悩むのがイヤだからの放棄でもない、
単に「行かなくてもいいや」と思えるようになったらいいかな。


《 8月16日 》

今日、明日 地元でB'zのライブがあります。
明日 行かないことにしました。

先週の(水)、一緒に行く予定の友人に電話で行けそうもないことを伝えました。

まず、体調がライブに行ける程のものではないのです。
1日 仕事を終えて帰るだけでやっと。 エネルギーを使い果たしてるカンジで

「あ、これはムリだな」

そう思いました。

前から薄々「行けそうにないな」とは思ってましたが、ギリギリまで粘ってたんです。
2年ぶりですし、20周年記念ツアーですし、今までは”行けて”いたんですから。
一緒に行く友人にも悪いし、結構いい席だし、他人に譲って他人がいい思いをするのもシャクだったし。
どーにかなんないかなと・・・。

でも、前に 日記で 「ライブに行きたい」 と書いた後、
「本当に行きたいか?」 と問いました。

そして 浄化しました。

そしたら、「行って楽しみたい」 という気持ちより、 
「行って最後まで参加した自分」 という 既成事実が欲しかったんだ!
”行くことへの執着”
 と ”過去は行けていた” 
という事実の想い方が強かったと気づきました。

”ライブに行ける自分”
”最後まで会場にいられる自分”
”友人に迷惑をかけない自分”


これが 理想であり、 そうあるべきだと自分に課し、 
それができないのなら他の全てを捨ててもこれに賭けるべきであり、
実現できない自分は許せない o(`へ´)o

と信じていました。

いろんな療法、サプリ、本 、このテイクオフコースも含め、
行けるようになるためにと試し、お金を使ってきたんですから。

「他の望みは諦めてることが多いんだから 自分からこれだけは!と思ったことくらい
叶えられなくて、何のために行きたくない仕事に行ってるのさ! ストレスだけ受けてばかり。 ひとつの欲求ぐらい実現できなくて 何の楽しみがある!」

と思い込んでました。

5月ごろには 体調も思わしくなく、「こんなに体調を狂わせるのは仕事のせいだ!
ライブに行けるようになるために 仕事も辞めてしまおうか」
とまで マジに思ってましたよ。

恐るべし! 執着!!うーん

友人に電話した後、涙がポロポロ出ましたが、
最後に懸念していた チケットをどうするかについては
なんと翌日には 友人の友人が一緒に行くことが決まりました。

40近くなると B'zを好きって人も少なくなるし、
家庭があって夜は抜けられないとか 見つけるのは困難だろうと思ってたんです。
最終的にはオークションだったかもしれませんが、
見ず知らずの人に譲るより、友人が行ってくれれば、わたしにはもう何の未練もなくなってました。

今日、akiさんの個人セッションを受けたとき

「体がキツイことも ライブに行かないことも 流れの中では自然だったかもしれませんね」

と言われ、

「あ~、そうかもしれないなぁ~」

と思いました。

昨年もやはり体調は不調で

「今年ライブがなくてよかったなぁ~」

と思ったんですよね。

浄化ワークも知らないあの時、もしライブがあって、今回のように行けなかったら、
たぶん、ものすごい自己嫌悪と 後悔と イライラ、何かに当たらずにはいられない
ストレスの渦に巻かれていただろうと 簡単に想像できます。

今?

未練はありません。
友人が楽しんでくれて、その報告が聞ければいいな~と思ってます。

わたしが 何もかも捨てて 得ようとしてたものは この程度だったんですね。

体調が仕方ない状態なので、わりと手放すのも 早かったかもしれません。
もし体調バッチリ☆で 気持ちの面での行く・行かない の葛藤だったら
どうーなってたかなぁ・・・・。
そう考えると akiさんの言う 「流れ」 としては今回のようなのが ベストだったんでしょうね。

もちろん体調がバッチシ☆で 行ったのならそれはそれできっとハイテンションで
盛り上がったと思いますけど。



-------------------------------------------------------------------------------------


とまぁ、こんなカンジだったのですよ。

「これがなければ!!!!!」

としがみついていたものって 自分が体に鎖を巻きつけて縛ってるだけだったりするかもしれませんよ。

「これがなくたって別にいいじゃん」

とさらりとかわせると引っかかるものがなくてラクチンです。





“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




「ふ~ん。そういう考えもあるのね」と思ったらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking







スポンサーサイト

 キズはついてるけどそれがどーした?
2008年09月21日 (日) | 編集 |
今日、B’zのファンクラブからデビュー20周年記念のDVDが届きました。

会員へのプレゼントです。

日本のバンドでこのファンクラブのサービスはずば抜けていいと思うわ。

半分までは見たのですが、デビュー当時の映像からこれまでのライブ、PV撮影の様子、

レコーディング、ジャケット撮影風景などなどお宝映像でございます。

わたしはその昔、TM NETWORKの大ファンでしたから、

そのサポートメンバーだった松本さんは知っていて、B'z初期の頃からライブに行たりしてました

(本土の短大に行ってたのでね)。

そのわたしが今年の沖縄での2年ぶりのコンサートに(しかも20周年記念なのに)

チケットも取りながら行かなかったんですよね。

ま、このいきさつも浄化ワークで整理していきましたが。

(”ファン”であること、”これまで行ったライブの体験”、”一緒に行く友人”への観念、

そして”行く”ことそのものへの執着・・・もろもろボロボロあったんです)




で、DVDなんですけど。

ケースの外側をを薄いビニールでパッケージされていたのですよ。

それを開けようと何も考えずにハサミでスィーーーっと切ったら、

ケースの表面の一部にハサミの切りキズが薄ぅーーくついてしまっている。

まだ、中身も見ないうちから。

新品なのに。

売ってないから無傷のものももう入手できない。

何度もそのキズを見ては 手で触ってしまいました。



でもですね。



DVDの映像には何も問題はナイのですよ。

別にケースを飾るつもりもないし、ファンと言っても最近の曲はそんなに聴くわけでもないし。

なんでこんなに損した気分になるんでしょうね汗;


う”~ん、自分が不思議。


でも、昔から似たようなこといっぱいありました。

雑誌でも、買えてすっごくうれしくてハイテンションだったのに、

家に帰ったら下の紙が少し折れ曲がってたので気分が一気におちこみになったり、

気に入った手帳とかに ボールペンで書いて予定が変わったら 二重線引いて消すのがイヤで

その事柄が済んだらキレイに書くとか (←スケジュールというより日記)

見た目重視で自己満足してたんです。 汚すとイヤ。 訂正するのはイヤ。

これはわたしの 「完璧主義」 なとこ。

このブログだって、登録してから1ヶ月以上かけましたからね。

こーゆーカンジで こーゆー写真も最初に使いたいからってピンクパンサー仕入れたり(笑)。

で、始めたわりになかなか更新も遅いのも、体調とかもあるんですが、

「この内容で書くんだったらこう書いて、こう締めて」 と大筋が見えないと手をつけないから。



今日は、「書こうかな」の気持ちだけで 成り行きキーボード打ちです。

こんなんでいいのにね。

そこはわたしの 「自分を良く見せよう」 なとこ。



DVDケースに 「自分でつけたキズ」 を見て ↑↑こんなことを思ったのでした。

きっと わたしにも何のキズもついてないんだろうなぁ~。



“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




「ふ~ん。そういう考えもあるのね」と思ったらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking








 台風も通過して
2008年09月17日 (水) | 編集 |
やっと台風13号の影響下からはずれました。

風はあまり強くなかったけど、雨がよく降りました。 

それでもあまりダムには溜まらなかったようで残念。

わたしはというと、台風が発生する度に、「暴風域に入って仕事休みにならないかなぁ~」と

毎回思います。

昨年からガーデニングに目覚めて、バラやいろんな植物をせっせと世話するようになったので

それらが全滅するようなキョーレツなのはカンベンしてほしいけど、ギリギリ暴風圏内だったら

学校や公共交通が休みになるので、それを願うのです(-人ー)うーとーとー。

まぁ、こういうのは私個人のエゴですから、台風はそんなのお構いナシです。

「台風来ないでくれー」と祈るひとには、願いが叶ったとなるわけですね。




ちょっと前まで・・・特に今年の体調絶不調だった5月。

わたしは本当に精神的にも身体的にも 地を這ってるような感じで

背中の痛み、疲れが取れない、ダルい、フラフラする、気力が起こらない、人と話したくないetc.

思いつく病院、鍼、ヒーリング行っても原因もわからず改善の兆しもなく、

仕事に行くのが苦痛で苦痛で仕方ありませんでした。

事務所で帳簿を広げていたら 「もうこんなことしたくない」 と急にこみ上げてきて

涙が落ちる前に 早退させてもらいました。 帰り道はボロボロ泣きましたけど。

そんな感じでしたので、(月)になれば 苦痛の1週間が始まったとブルーになり、

集の真ん中は 「まだまだ休みが来ない」 とブルーになり、

せっかくの休日も 「これが終わったらまた仕事しなきゃいけないんだ」 と(日)の3時頃から

ブルーになってましたよ。

特に激務だったわけでもなく、理解のある上司だったし、何度も休ませてもらったのに

「こんなにイヤな思いをさせられるのは仕事のせいだ」 とか

「原因のハッキリしない不調になるのは ○○さんのせいだ」 とか

「この会社のある土地がよくないものでも憑いてるんじゃないか」 と

誰もいない時に塩まいたりセージを少し焚いたり(←マジです)、

家族にも八つ当たり、常にイライラしていました。



今はね・・・当時に比べたら そんなにストレスないんです。

仕事に対する不満、思い込み、義務などを浄化しました。

大キライな人も浄化しました。

わたし自信も浄化しました。

今まで、どーでもいいことしか話さないな~と思ってた人が、「ここいいよ」 と整体を紹介してくれました。

ふむ・・・あの頃の重さが軽くなっています。

もちろん、まだ残っている観念もありますし、仕事上やっかいな人もいますけどね。

自ら焼け石を抱え込んで、「熱いじゃねーかよっ!」と怒る様なことはなくなってます。

おかげさまで仕事の夢はほぼ見なくなりました(^0^)

これが浄化ワークのおかげだったらスゴイですよね。

まぁ、そうだと信じて少しずつですがやってる今日この頃です。

台風が来ようが、大雨が降ろうが、雲を突き抜けた上空には変わらない青空があるんですよね。

こころをその位置に置いておけるようになりたいです。




“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




「ふ~ん。そういう考えもあるのね」と思ったらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking







 あの雲 何に見える?
2008年09月09日 (火) | 編集 |
職場でコップなどを洗っていると、前が窓になっているので外が見える。

洗い物をしながら何気なく空をみると秋らしい筆でシュシュッをはねた様な雲が浮かんでいた。

う”~ん、何かの形に似ているなぁ。 鳥かな?

そんなことをぼんやり考えていた。

あの雲をわたしは 「鳥に似てる」 と思った。

でも、たぶん別の人が見たら違うものに見えると言うだろう。

でも、あれは雲であって、「鳥」じゃないし、別の人が似てると思うものでもない。

そして 雲そのものは 「雲」 という名すらカンケーない存在。

本質は 「雲と呼ばれる”アレ”」 でしかないのだ。

人も同じなんだろう。

例えばAさんは イジワルな人だとわたしは決め付ける。

ケチで、短気で、ひねくれものだと決め付ける。

あんな人とは付き合いたくない。 きっと友人なんかいないはずだとさげすむ。

でも、そんなAさんにも家族がいたりする。 飲み友達がいたりする。

自分の趣味にはお金をかけ、人の評価を気にして、孫には甘いオヤジだったりする。

人は、自我は、”わたしのものの見方は正しい”と思っている。

わたしが 思うAさんを正しい”評価”だと信じ、 

別の人が思うAさんの評価を ”人を見る目がない” と思っている。

だけど、Aさんは 「Aさんと呼ばれる”アノ人”」 でしかない。

雲の形が変われば 「似てるな」 と思うものも変わる。

○○だと思ってた人が ○○をしてくれたら 「この人にはこんな面もあったんだ」と印象が変わる。

正しいと思っている自分の ”評価” とはいとも簡単に変化する。

ラベルの重ね張りで コロコロと見方を変えるより、自分が貼り付ける手を止める方が気がラクになると、
観念浄化で教えてもらった。

少しずつそのことがわかりはじめたけど・・・・

貼り付けたラベルが膨大なんだよなぁ~~~えーん

 
ま、それでもやっただけのことはあるんで
↓↓↓

“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




「ふ~ん。そういう考えもあるのね」と思ったらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking






 はじめのごあいさつ
2008年09月01日 (月) | 編集 |
こんにちは。

ねこかぶり人生のオヒメサマ(自称)、みけnicoです。
DSCF0001.jpg

(↑ねこじゃなくてピンクパンサーじゃないか というツッコミはパンサーも猫科ということで大目にみてください)

オヒメサマなんですけど、これまでぜんぜん自分の望むような日々を過ごしてこれません
でした。

他の人ができることができない。

他の人がやることをやりたくない。

他の人がやらないことをやりたい。

と思う一方で

みんなのように楽しみたい。

みんなのように幸せになりたい。

みんなのようにワイワイ過ごしたい。

と願い、それができない自分をキライました。

人と同じはイヤだと思いながら人並みでないことにコンプレックスを持ち、
人並みに協調性があり、愛嬌があり、素直であったらもっとラクに生きられただろうにと思いながら、人に心を開くことができず壁を作って ひとりがラクだと信じていました。

20代前半から 「パニック障害」 と診断され、いろんな方法を試しましたのよ。

”ユタ(沖縄の霊能者)”
”占い”
”TFT療法”
”鍼”
”風水”
”家相”
”オーラソーマ”
”CDの催眠療法”
”民間のグループカウンセリング”etc.

新しい方法に出会う度に、期待して、少しよくなった気がして、がっかりして…
の繰り返し。

重ねていくごとにますます懐疑的になりつつも、すがりつく”ワラ”をいつも探していました。

そんな中、通っていた心療内科の先生、鍼ヒーリングの施術者、本・・・
当時出会ったまったく違う立場でありながら、ある共通のことを発信していたのです。

思考が問題を作る」
「だから思考をなくせばいい」


ユタ、これまでの病院、占い師などが、同じカテゴリでありながら
バラバラな回答をしていたのに対して、
違うカテゴリの人たちがが共通のことを言う。

「これは真理なんじゃないか」

と思いました。

では、

「その思考をどーすればなくせるのか?」

そこは 各自違ってたんです。

・「1点をただ純粋に見つめる」 by 心療内科医者

・「瞑想」 by本

・そして「観念浄化ワーク」 by鍼灸師 (この方を通してakiさんのブログを知りました)

わたしには他の2つの方法より観念浄化ワークが1番カンタンだったんです。
そして、この方法をもっと取り入れ実践していこうと、
今年4月、「テイクオフコース」の1年間の受講を申し込んだのです。





もちろん、今までの経験(過去)が強力に思考にへばりついてますので、
5ヶ月経ちましたが、完全に変わったわけでないし、
疑り深いわたしの自我も柱の影から様子をうかがってます。絵文字名を入力してください

なので、今現在「わたしはこれで人生変わりました~~~♪」と
オススメするに至ってはいませんし、私自身が身をもって確かめている旅の途中なんです。

でも、こんなわたしでも最近

「おや、あの頃よりはチカラが抜けてきたかな」

と思うことも正直あるようになったんですよ。。

「こんな自分でいるより、ネコの方がよっぽどうらやましい」

と涙がでて、どうにも凹んだこともありましたが、

ねこをかぶったわたしではなく、ネコに生まれ変わることを望むような自分でもなく、

「今のわたしがサイコー!」キラキラ

と青空に堂々と言えるようになりたい。

その1歩1歩の足跡に この場をしていきたいと思っています。


これからもよろしくおねがいしますニコニコ。 横向き




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。