~けっこう毛だらけ 自我観念だらけ~                             ある日 「観念浄化ワーク」 という魔法の杖に出会いました。 自作自演の世界から脱出して 自由なわたしになるために 魔法の杖 お試し日記。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ヤなジジィ
2008年10月13日 (月) | 編集 |
先日、会社で受けた電話です。
わたしが取ると、いきなり

「○○(上司)いるね?」

とオヤジの声。
(内心⇒名前も名乗らずあんたダレはてな

上司は外出中だったのでそのことを伝えると そのオヤジはすぐ近くまで来ていて、
今日も遠くからわざわざ来たので 会いたいのだという。
約束もなにもしていないとのこと。

とにかくうちの会社に向かうというので(この時点でもかなり一方的に喋るオヤジ)、
「小学校の近くまでくれば坂道があるから そこを少し登れば自販機が目印です」
と伝えて切った(というか向こうがさっさと切った)。

しばらくすると
「ちょっと、あんたの会社はどこなのか?」と怒り口調。

会社と言っても社長の自宅兼用のもので、住宅街の中にあり、近くの小学校しか目印がない。
周囲の要所に学校への道案内の看板があるが、それでわからなければ説明しようがないのだ。
なのにこのオヤジ、前に一度来たことがあるといって、こちらの案内をよく聞きもしない。

「今どのあたりにいるんですか?」と尋ねると、「○○クリーニングがある」だの、
「あんたが坂のところって言うから登ったのに」「会社の建物は何だ?」
などなど・・・イチャモンつけ始め「あんた自分の会社の説明もできんのか?酔っ払ってんのか?!」
と言いやがる。

(内心⇒おめーがちゃんと自分のいる場所を説明してないんじゃねーか!kao07
住宅街のクリーニング店の名前なんかイチイチ覚えてねぇーよ!!kao07

住宅街なんだから”白い建物”って言ったってそこらじゅう白い建物なんだよっ!!kao07

この町はあんたがいるところにしか坂がないと思ってんのかボケー!怒

とワナワナしながら 何度も電話してくるので わたしは見当もつかないまま対応しました。
何しろ初めて電話する相手のKという姓しか言わないので 会社関係の人なのか個人的な用なのかもわからない。

そこへ上司が帰って来たので説明すると、その人を探しに行き、会社に連れてくることが出来たが、わたしのいる事務所には寄らなかったので直接顔を合わせずに済んだ。
一応仕事の依頼だった。

後から聞けばこのジジィ(70くらいらしい)、小さな村の元議員で、
他の会社でもゴリ押しして煙たがられてるとのこと。
「皆、自分の言うことを聞いてくれるさ」
と豪語してるそうな。



さ、前のわたしならここで 「ヤなクソジジィや~~~~」 とイライラしただけですが、
ここは観念浄化ポイントなはず。 
やってみることにした。



☆初対面の人間に対して 電話の礼儀も知らんのか クソジジィ!
・ダレに対しても 礼儀はわきまえなければならない※
・わけ隔てなく礼儀をわきまえない自分は許せない※
・わけ隔てなく礼儀をわきまえないのは悪い※
・わけ隔てなく礼儀をわきまえるのは良い※
  (※は ☆の観念に対する4段活用)

☆自己チューの視野で他人を振り回すなボケー!
  (以下 ※4段活用)

☆自分の無能さを他人のせいにすんじゃねーよ あほー!
  (以下 ※4段活用)

☆おまえが何様か知ったことか ふら~!

☆おまえにバカにされる筋合いないわっ ぽってかすー!

☆おまえみたいな常識ない人間にはなりたくねーなー

☆おまえみたいな人間はみんなに嫌われているはずだ

☆おまえみたいな人間の人生ろくなもんじゃねなー

☆常識がなければならない

☆常識ないと周囲に迷惑をかける

☆常識ない人間は嫌われる

☆大人なら常識があるのが当たり前

☆常識ないヤツはヒンシュク者



ざっとこんな感じ。
書いているときは ワジワジ~してました。 (ワジワジ~=(方言)怒りでイライラ)

でもですね、実際に浄化してるときは なんだかおかしくなっちゃって…ころん

だってねぇ、わたしだってこのジジィに会ってないんですよ。
電話で数回喋っただけで、この人の人生ろくなもんじゃねーとか皆に嫌われれるはずだとか
推測してるんです。
そりゃもう、妄想豊かに 住んでる家から近所の人の付き合いとか 
嫁に逃げられたか、いるけど険悪な仲だとか ケチで酒好きとかモロモロ。
おかしいでしょ苦笑い

全部、浄化した後は 「今度電話がかかったら どう自分は対応するのかな」 と
ちょっと楽しみになったくらいです。

で、その後電話があるかというと かかっては来たんですが、
わたしが席を外してるときだったり、帰宅後だったりしました。

その電話をとった女性はわたしから話を聞いてはいたものの、
実際、対応するとあまりの失礼な態度にイライラして 強引に話を切り上げて切ってしまったとか。
上司と話すときは こんな口調ではないそうで、どうも女性に対してこういう態度らしいですね。

でも、わたしが取らないということは ”わたしにとってのこの人の役目(観念を教えてくれること)が終わったんでしょうか。

う”~ん、別の人がまた別のバージョンできたら ピキン☆ときそうだなぁ。。。
ま、必要な時にはまたくるさ。
そしたら浄化するだけさ。

だね。



PS:前にテイクオフコース↓↓↓のツアーガイドakiさんとのセッションで 
「キライな人の浄化には 自分が素で思ったとおりに言葉にした方がいい」と言われました。
なので 「クソジジィ」はそのまんまデス。
「ふら~」「ぽってかす~」と思ったのでそれを使ったのです。
これは沖縄の方言でいい意味ではもちろんありませんから、沖縄に来たときには使わないでね。
文句のバリエーションを考えてる自分自身にもなんか笑えた。。。うふ




“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




「ふ~ん。そういうこともあるのね」と思ったらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。