~けっこう毛だらけ 自我観念だらけ~                             ある日 「観念浄化ワーク」 という魔法の杖に出会いました。 自作自演の世界から脱出して 自由なわたしになるために 魔法の杖 お試し日記。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 行きたかったはずのB’zのライブは・・・
2008年09月22日 (月) | 編集 |
わたしがテイクオフコースに参加した理由のひとつが

「8月のB’zのライブに行きたい!」

でした。

結局、行かなかったわけですが、これにも自分の観念が大きく関わってたんですね。

この前の日記でB’zのことに触れたので、その流れをちょっと書いてみます。



《 7月26日 》

前回のライブはは2年前。
友人のおかげで なんとか行って最後まで観る事ができました。

わたしは10数年来のパニック障害で ひとりで外出ができずにいます。
1年半前からは 誰かが一緒でも外出が不安で 病院や鍼・マッサージなど
仕事以外では カラダに関することでしか出かけません。

疲れが取れず、背中に痛みがあったり、立ちくらみがしたり、
体調面の不調がさらに外出を遠ざけています。
(病院での検査で原因は特定できていません。自律神経かな)

なので外に出て何かをしたいと願うことは ほとんどない中で
このライブだけは 唯一 「行きたい」 と自分から求めるものなので
叶えたかった。

12月にチケットの予約があり、8ヶ月でどうにかしたい。
そのひとつがテイクオフコースでした。

B'zのライブには 大勢の人が集まります。
行くまでの道のり。
待ってる間の時間。
あのざわざわした 人いきれ。
大音量。
今のわたしには苦手なものばかりkao06
加えて 体調面での不安。

だけど 今年はデビュー20周年の記念ライブ。
各地のツアーとしては 最終日の沖縄。

行っときたい。



《 8月6日 》

8月直前になってよい整体師に出会うことができ、不調な原因を教えてもらい、
施術と自分でやるストレッチや生活の注意点を実行しましたが、
ライブに間に合うようにはならないかも。

メンタル面では (日)にakiさんの個人セッションを受けました。
そこで浮かんできたことのひとつがコレ。


「わたしは 本当にこころからB’zのライブに行きたいか?」


車や外出、人混み、気分が悪くなることの不安、
コンサートに行くことについてのおおまかな観念は浄化済でしたが、その後に↑↑の根本的なことが出てきたんです。

セッション後、ノートにこの1行を書き、浮かんでくる観念をあぶりだしてみた。


☆ ・沖縄でのライブは毎回行っているから今回も行きたい
  ・2年ぶりだから行きたい
  ・一応ファンだから、行きたい

☆ ・前回、一緒に行った友人がとても楽しんでくれたから今回も行きたい
☆ ・前回、友人と「次も行こうね」と言ったから今回も行きたい

☆ ・デビュー20周年記念だから行かないともったいない
☆ ・自分が本土に行くことを考えれば、B'zが来てくれるんだから行かなきゃもったいない
  ・けっこういい席だから行かなきゃもったいない
☆ ・チケット買ったんだから行かなきゃもったいない
  ・ライブ行くためにファンクラブ入ったんだから行かなきゃ意味がない

☆☆・行けばきっと楽しめるはずだ
☆☆・体調さえ良ければ迷わず行っているはずだ
☆☆・外出不安さえなければ迷わず行っているはずだ

  ・ライブに行けない自分に勝ちたい
☆ ・   〃    自分に負けたくない
☆ ・ライブに行くことをあきらめて自己嫌悪になりたくない
☆ ・       〃      挫折感を味わいたくない
☆ ・       〃      敗北感を味わいたくない

☆☆・ライブに行ける自分になりたい
☆ ・    〃    になって自信を持ちたい
☆☆・    〃    であることを実際に行って証明したい


☆ ・ライブに行かない自分になりたくない
☆☆・     〃     なるのがさみしい
  ・ライブに行かない自分になるのが許せない

  ・行かないで後悔するより行った方がいい
  ・    〃    のは悪い
☆ ・行ってやっぱりダメだったと後悔するより初めから行かない方がいい
☆ ・行って後悔するのは悪い

☆ ・行かないと損
☆ ・行った方が得

☆ ・早く決断しなければならない
☆ ・行かないのなら誰かに譲らなければならない


などなど・・・。
☆印は特に思いが強いかも。

これだけ「行く・行かない」と毎日迷っている割に 予習のためのCDを全く聴いていない。
というか、今年になって突然変異でV6が好きになってしまい(^^ゞ 彼らのDVDとかは見ているのです。

最近のB'zの曲よりは前の曲の方が好きってこともあるけれども、
これはどーゆーことだろう…?

「好きだから行くのか?」
「過去の自分が行っていたから行くのか?」


ここの壁にくると
☆☆印のところにもあるような

「今の自分の状態でなければ行っているはずだ」

という思いが 堂々巡りに戻る道しるべになってしまって決断できない。

でも、なんとなく気持ちの比重は一方に傾きつつあるような感じがするなぁ。。。

ただ、結論が「行かない」になったとしても、それは「行きたい」の断念ではなく
挫折からの諦めでもなく、悩むのがイヤだからの放棄でもない、
単に「行かなくてもいいや」と思えるようになったらいいかな。


《 8月16日 》

今日、明日 地元でB'zのライブがあります。
明日 行かないことにしました。

先週の(水)、一緒に行く予定の友人に電話で行けそうもないことを伝えました。

まず、体調がライブに行ける程のものではないのです。
1日 仕事を終えて帰るだけでやっと。 エネルギーを使い果たしてるカンジで

「あ、これはムリだな」

そう思いました。

前から薄々「行けそうにないな」とは思ってましたが、ギリギリまで粘ってたんです。
2年ぶりですし、20周年記念ツアーですし、今までは”行けて”いたんですから。
一緒に行く友人にも悪いし、結構いい席だし、他人に譲って他人がいい思いをするのもシャクだったし。
どーにかなんないかなと・・・。

でも、前に 日記で 「ライブに行きたい」 と書いた後、
「本当に行きたいか?」 と問いました。

そして 浄化しました。

そしたら、「行って楽しみたい」 という気持ちより、 
「行って最後まで参加した自分」 という 既成事実が欲しかったんだ!
”行くことへの執着”
 と ”過去は行けていた” 
という事実の想い方が強かったと気づきました。

”ライブに行ける自分”
”最後まで会場にいられる自分”
”友人に迷惑をかけない自分”


これが 理想であり、 そうあるべきだと自分に課し、 
それができないのなら他の全てを捨ててもこれに賭けるべきであり、
実現できない自分は許せない o(`へ´)o

と信じていました。

いろんな療法、サプリ、本 、このテイクオフコースも含め、
行けるようになるためにと試し、お金を使ってきたんですから。

「他の望みは諦めてることが多いんだから 自分からこれだけは!と思ったことくらい
叶えられなくて、何のために行きたくない仕事に行ってるのさ! ストレスだけ受けてばかり。 ひとつの欲求ぐらい実現できなくて 何の楽しみがある!」

と思い込んでました。

5月ごろには 体調も思わしくなく、「こんなに体調を狂わせるのは仕事のせいだ!
ライブに行けるようになるために 仕事も辞めてしまおうか」
とまで マジに思ってましたよ。

恐るべし! 執着!!うーん

友人に電話した後、涙がポロポロ出ましたが、
最後に懸念していた チケットをどうするかについては
なんと翌日には 友人の友人が一緒に行くことが決まりました。

40近くなると B'zを好きって人も少なくなるし、
家庭があって夜は抜けられないとか 見つけるのは困難だろうと思ってたんです。
最終的にはオークションだったかもしれませんが、
見ず知らずの人に譲るより、友人が行ってくれれば、わたしにはもう何の未練もなくなってました。

今日、akiさんの個人セッションを受けたとき

「体がキツイことも ライブに行かないことも 流れの中では自然だったかもしれませんね」

と言われ、

「あ~、そうかもしれないなぁ~」

と思いました。

昨年もやはり体調は不調で

「今年ライブがなくてよかったなぁ~」

と思ったんですよね。

浄化ワークも知らないあの時、もしライブがあって、今回のように行けなかったら、
たぶん、ものすごい自己嫌悪と 後悔と イライラ、何かに当たらずにはいられない
ストレスの渦に巻かれていただろうと 簡単に想像できます。

今?

未練はありません。
友人が楽しんでくれて、その報告が聞ければいいな~と思ってます。

わたしが 何もかも捨てて 得ようとしてたものは この程度だったんですね。

体調が仕方ない状態なので、わりと手放すのも 早かったかもしれません。
もし体調バッチリ☆で 気持ちの面での行く・行かない の葛藤だったら
どうーなってたかなぁ・・・・。
そう考えると akiさんの言う 「流れ」 としては今回のようなのが ベストだったんでしょうね。

もちろん体調がバッチシ☆で 行ったのならそれはそれできっとハイテンションで
盛り上がったと思いますけど。



-------------------------------------------------------------------------------------


とまぁ、こんなカンジだったのですよ。

「これがなければ!!!!!」

としがみついていたものって 自分が体に鎖を巻きつけて縛ってるだけだったりするかもしれませんよ。

「これがなくたって別にいいじゃん」

とさらりとかわせると引っかかるものがなくてラクチンです。





“固定観念”を手放して、リアルな人生を楽しもう!

「本当の自分へ還る旅」テイクオフコース




「ふ~ん。そういう考えもあるのね」と思ったらポチ☆してくだされ。
↓↓↓


Blog Ranking






スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。